ブログトップへ > 雑感メール紹介のカテゴリ一覧

雑感メール紹介カテゴリの記事一覧

2009/07/16 writing for uchida

Today's 雑感メール「 グロームス腫瘍」

こんにちは!管理部の内田ですスマイリー

本日の雑感メールのご紹介です。
今日は一緒にこの管理部ブログを書いている
小西さんの雑感をご紹介しますぽっ

今回は少し”痛~い雑感”ですぐすん
でも、無事に治療が済んでよかったですにっこり

「グロームス腫瘍」って私も知りませんでした。
くれぐれも、中指お大事になさってくださいね電球

***********************************************

「グロームス腫瘍ですね、手術で取るしか治りませんね~。」

5月に整形外科の医師に言われた言葉でした。


月日は遡ること10年前

なんだか右手中指の爪だけ触ると痛い・・・。
それから私の右手を注意深く使う人生がスタートしたのです。

日常生活は特に問題ナシ。
ただある一定の角度から爪を触ると痛いのです。

例えば、鞄から定期を取り出すとき
鞄のチャックに軽く爪が当たった時に
「痛い」という人はほとんどいないと思います。

しかし、私にはそのコツンという刺激が
飛び上るほど痛かったのです。

昔部活でソフトボールをしていたので
「捻挫をほっといたから痛いんだろうな。」
と信じてほったらかしで10年が過ぎていきました。


しかし今年の冬、寒さもピークになった2月下旬
寝る前になると明らかに中指の爪が痛い・・・。
毎晩ドクドクと脈打つように痛い・・・。
まさか痛風・・・?

寒さで古傷が痛んでいるのだろうが、
これは一度ちゃんと治しておいた方がよさそうだ
と思った私は整形外科へ。

診察1回目⇒レントゲン異常なし。
(あれ?捻挫の痕は??)

診察2回目⇒血液検査異常なし。
(え??この痛みは気のせい??いや、痛い。)

医師:どうします?次はCT撮ってみますか??
(この先生、明らかに私の痛みを疑っているな。)

私:はい。お願します。
(こうなりゃヤケだ。やれるとこまでやってやる~!!)

ということで人生初のCT撮影。
こんな大きな機械に入り、たった爪先しか撮らないなんて
効率悪いな~とは口に出さずじっと待つこと30分。
なんとなく窯から出されるピザのような気分で終了。

こうして、ようやく本文一行目を告げられたのでした。

私もその時初めてグロームス腫瘍という存在を知ったのですが
腫瘍といっても指先の神経が絡まって塊になったものらしく
良性で手術も簡単、私の場合は入院も必要なし。
ただ、比較的珍しい病気らしく病院が限られている所が唯一の難点でした。

その後、手術可能な総合病院へ移りトントン拍子で
手術へと進み、昨日抜糸をしました。
初めて自宅で術後の爪をドキドキしながら見たのですが、
見た目は極めて普通でした。

手術の内容は爪を開いて腫瘍を取り出し、また爪で蓋をするというもの。
取り出した腫瘍は魚の目玉の中心にある白い塊に似ていました。

たった30分ほどの手術で・・・私の10年の我慢は一体何だったのだろう
と思うと同時に、指先だけの部分麻酔の威力や、神経がたくさん通っている
指先を短時間でサクッと切って縫う技術の高さに触れることができ
貴重な体験になりました。

まだ、しばらくは蓋にしている爪が取れないように注意が必要ですが
そのうち下から本物の爪が生えてきて完治となるようです。

みなさんの身近に、もしも手足の爪に痛みがあるという方がいれば
ぜひグロームス腫瘍の存在を教えてあげてください。
一般的な症状としては下記が挙げられるようです。
①手足の爪の下にできる。
②爪の一部分が少し紫色になる。
③寒いと痛む。触ると激痛がする。

また今回の件でご迷惑をお掛けいたしました方々
度々の休暇にも関わらずお気遣いいただき本当にありがとうございました。
コメント(0) | トラックバック(0)
2009/07/07 writing for uchida

Today's 雑感メール「餃子180円也」

こんにちは!管理部の内田ですスマイリー

本日の雑感メールのご紹介です。
今日はいつも笑顔が素敵なOさんですぽっ

とっても”おいしそうな雑感”に
思わず、お腹が鳴ってしまいそう・・・あはは

Oさんは頻繁に中国と日本を行き来されているので
現地でのお話はとっても興味深いです電球

中国でがんばるHちゃんも登場しますどきどき

*************************************************

1週間ほど上海出張に行ってきました。
梅雨で天気も悪く、とても蒸し暑い毎日でした。

本日の雑感は、中国での衣食住の”食”の中で
感じたことを書いてみたいと思います

朝のお気に入りメニューは
その① お粥+豆漿
その② 包子+豆漿

「包子」(パオズ b〓ozi)というのは中華まんのことです。
中身によっていろいろな種類あります。肉、海鮮、野菜など・・・。
1個 1元(日本円で15円)です。

豆漿(トウチャン d〓uji〓ng)は、豆乳なのですが、
日本のものと違って砂糖で甘みが加えられています。
ウーロン茶にも砂糖入りのものがあるので注意が必要です。
「無糖」「低糖」「加糖」という表示に注意しないと
甘~いウーロン茶を飲むことになってしまいます。

朝食は5元(日本円で75円)あれば満腹になります。
朝は露天で売っているものを購入して、
職場で食べている人が多いようです。

昼は麺や餃子を食べることが多いです。
餃子といえば「水餃子」です。
中身もいろいろなバリエーションがあります。
豚肉だけでなく、羊肉、牛肉もあります。
お奨めは「豚肉とセロリ」の餃子です。
「入り卵と韮」の餃子もなかなか美味です。

タイトルに書きましたが、とにかく「安い」のです。
180円です。しかも18個入りです。
1皿が6個入りなのですが、注文は3皿以上という店がほとんどで、
ひとりで昼食に行くと18個注文します。
「え~~~18個も餃子食べるの?」と思われるかもしれませんが、
楽勝です。

夜は同僚や友人と食事をすることが多いです。
今回は3月に上海に戻られた『Hさん(以降、Hちゃん)』と
一緒に上海料理を食べてきました。
さすが上海人です。おいしい店を紹介してもらうことができました。
注文もすべてHちゃんにお任せし、4人で会食したのですが
”8菜1湯”(おかず8品+スープ1品)。
ほとんど完食です。これだけ頼んでも3800円です。

結局、朝から晩までよく食べているということです。
中国から戻ってきて現実を知ることになるのですが・・・
帰国してから毎日、スポーツジムに通っています。

以上です。
コメント(0) | トラックバック(0)
2009/06/16 writing for uchida

Today's 雑感メール「クールビズ」

こんにちは!管理部の内田ですスマイリー

今日の雑感メールのご紹介です。

問題提起そしてつっこみ、つっこみ・・・etc
この辛口の文脈、どこかで読んだ気が・・・

そうです電球ペンギンブログでおなじみのMさんです。



たしかに、せっかくエアコンを28度に設定しても、
そのことで作業能率が下がってしまったら、
本末転倒です。
臨機応変に快適温度や湿度を設定することも
じつは仕事の一環ですよね。

ちなみにMさんいつもTシャツですよね。
これってもしかしてクールビズあっ
************************************
本日の雑感のテーマはクールビズ。

1、クールビズとは?
クール・ビズ(COOL BIZ、造語)は、日本において夏期に環境省が中心となって
行なわれる環境対策などを目的とした衣服の軽装化キャンペーン、ないしはその
方向にそった軽装をいう。(wikiより)
みなさんご存知の通り。

2、クールビズって実際どうなの?
これ、どう考えても国と企業に踊らされているようにか思えない。
企業にとってみれば28度設定にすることで環境にやさしい会社をアピールでき
且つ、電気代まで節約できる一石二鳥三鳥。しかしながら働いている人たちに
とってみればいい迷惑だ。
日本建築学会の科学的な調査によると、室温が25度から1度上がるごとに作業効
率が2%ずつ低下するという結果が出ているそうだ。そりゃ暑い中でいくらネク
タイをしないからといっても暑いものは暑い。
そもそも中途半端すぎる。いっそうのこと夏は全国スーツ禁止にするくらいで
やってもらいたいものだ。

Wikiを見ると面白い批判内容がいくつか載っている。
*クールビズによる二酸化炭素削減量について、環境省は数十万トンから100万
トン以上と推計しているが、その算出方法が示されていない。
*水力発電・原子力発電はそのメカニズム上、二酸化炭素の排出量がない。この
ため、水力・原子力のみによる電力供給地域においては、発電時に排出される二
酸化炭素を減量する効果はない。
*環境省では、小池元環境大臣の指示により冷房設定を28°Cにしたところ、OA機
器の排熱等により室温30°C近い部署が続出し、36°C超の部署まで発生したため、
職員から労働安全衛生法違反との批判が出た。
*ウォーム・ビズではクール・ビズの4倍以上の二酸化炭素削減効果があるにも
かかわらずクール・ビズに偏ったキャンペーンを行っていることに疑問を抱く者
も多い。
*クール・ビズを含む環境省の地球温暖化防止大規模「国民運動」推進事業で
は、テレビ・新聞・雑誌・ラジオに加えて街頭ポスターや電車内広告、webサイ
トや携帯電話サイトといったメディアでの大々的な温暖化防止集中キャンペーン
を行うために3年間で80億円以上の予算が計上されている。このことについて環
境省は「無駄遣いではないが、指摘は参考にしたい」としているが有識者からは
「単なる啓蒙活動より電気自動車などの研究費に投じる方が効果的だ」との声も
ある。

結局誰のためあるのかさっぱりわからないクールビズを今年も行うサラリーマン
そして自分、、、に萎える仲夏の今日この頃でした。

以上雑感でした。
コメント(0) | トラックバック(0)
2009/06/02 writing for uchida

Today's 雑感メール「安全運転講習を受けてきました」

こんにちは!管理部の内田ですスマイリー

今日の雑感メールは、先日配属先が決まって
頑張っている新人Nさんです。

自動車免許更新の際に交通安全について教習した
時に感じたことです。

確かに、飲酒運転への危険意識は
高くなってきていると思いますが、
本来ならば、ひとりひとりのドライバーの
モラルによって守られるべきルールですよね熱血

************************************
昨日、運転免許更新のはがきが来ていたため、
運転免許センターへ行ってきました。
最近の運転免許はハイテクで、
免許の中にICチップが入っているんですね。
話には聞いていましたが、自分で持つのは初めてなので
少しわくわくしました。

運転免許の更新の際は交通安全の教習を受けますが、
そこで厳罰化した飲酒運転の処罰について学びました。

飲酒運転の上ひき逃げ、など最悪の事態となると、
10年以下の懲役または100万円以下の処罰が
下されます。
また処罰は運転手だけでなく、運転をすることが
分かっていながら、酒類の提供をしたもの。
飲酒をしたものに、自分を乗せて運転することを
要求したもの、なども対象になるそうです。

飲酒運転への処罰が厳罰化したことは知っていましたが、
飲酒運転を止めなかった周囲の人間も処罰の対象と
なることは知りませんでした。

またこれも知らなかったことなのですが、
飲酒運転への処罰が厳しくなるにつれて、
ひき逃げの件数が非常に増えているそうです。

それに伴って今度は、ひき逃げの場合の処罰が
更に厳しくなってきています。

飲酒運転は確かに最悪の犯罪ですし、厳罰は必要です。
ですが、このようにいたちごっこのようにして、
法律がどんどん厳しくなっていくのも
少しだけ怖いような気持ちがしてしまいました。

法律があまりに細かく厳しくなりすぎると
「本当は法律違反だけどバレなければいいや」
という些細な行為が積み重なって、規律を破る、
という行為に対して気持ちがマヒしてしまうんでは
ないかと少し思うからです。

法律だけが厳しくなって、反対に日本人の交通意識だけが
どんどんルーズになっている、なんて将来がこないと
いいなぁ、と思いました。
コメント(0) | トラックバック(0)
2009/03/17 writing for uchida

Today's 雑感メール「世界は広い」

こんにちは!管理部の内田ですスマイリー

今日の雑感メールは、日本全国を駆け回る汗
Hさんです。

出張が多いHさんとは、普段、なかなかお会いする機会も
少ないのですが、たまーに、本社にいらっしゃる時は、いつも気さくなHさんぽっ
出張先ではご苦労されながらも、挑戦していらっしゃるんですね熱血

ガンバレ-!! Hっしーあはは
==============================
久々に****様のトレーニングにて出張の日々が続いております。
今までも様々な現場に出張する機会がありましたが、いつも思うことがあります。

今週は、長野では大手プリンタ/半導体メーカの工場を見てきました。
そして週中から本日までは富山で製紙メーカの工場です。。
なんだかバイオプラントのような場所ばっかりですが・・

とにかくスケールがデカイ!!
一人一人の力は小さくともこれだけ集まると大きい力になるものなんだなと
ふと感じた次第です。

自分たちの携わるIT業界は、ワールドワイドにどこでもサービスが提供できるという
利点を持っていますが、自分が体験する行動範囲というものはなんと狭いことか。。。

いい仕事をするには沢山のものを見聞きし、自分の足で視野を広げることも大事であると思います。
パソコンにばっかり向ってると忘れちゃいますね。
※変な意味じゃありません。。。。


しかし。。。出張にはトラブルはつきものですが、
ここまで移動手段もなく立ち往生は久々ですね。
北陸地方は大風のために飛行機も飛ばず・・・電車も動かず。。。。
夜行列車で帰ろうにも予約もいっぱい。。。。
大勢の人に紛れて東京に帰るには関西に出ざる負えないとはまいりました。。。

出張は前日移動と後の移動動手段はしっかりしとかないとですね。
しっかり準備することで仕事には影響なかったのが幸いです。
来週の沖縄もどうなる事やら(苦笑)
==============================

コメント(0) | トラックバック(0)
2008/12/22 writing for sudo

Today's 雑感メール「習い事」

こんにちは!管理部 須藤です。

今日の雑感メールは「ディマージシェアにはこんなスタッフもいるんだあっ」と
楽しんでお読み頂けましたら幸いですらぶらぶ
(ご本人の希望により名前は伏せさせて頂きますぽっ)。

シンプルに書かれていらっしゃいますが、非常に深い内容で勉強になります熱血

==============================

お疲れ様です。
雑感です。

皆さんは習い事を何かされていますでしょうか。

自分は、英会話をはじめ、趣味の分野ではケーキなど
何か習っていることが多い様に思います。
(ケーキは「のれんわけ」をしてもらいお店を持てるところまでやりました)

現在通っているのはジムですが、ここで感じたことを今日は
お話ししたいと思います。

ジムでは、マシンを使ったトレーニングをしているのですが、
これはただ漫然とやっていてもあまり効果がありません。
ただ、ちょっとしたコツを掴むと見違えて効果が現れるようになります。
それは、自分にあった負荷のかけ方であったり、マシンに向かう姿勢で
あったりします。

こういった肝の部分は自分で調べることも可能ですが、
やはりその道のプロに聞くのが手っ取り早い方法です。
何より良くないと思うのは、自己流で続けてしまう事です。

翻って業務においても、仕事がこなせるようになると自分の見識で物事を
進めてしまい、より良い手法をとっていなかったことに気づく事があります。

常に自分の常識にとらわれず、広い知見を持つように努めることが必要と
思います。

==============================
コメント(0) | トラックバック(0)
2008/11/25 writing for sudo

Today's 雑感メール「満足感の創造」

こんにちは!管理部 須藤です。

今日の雑感メールは、S藤くん。彼の雑感にはよく友人のエピソードが出てきます。
きっと良い友達が多いんですねにっこり

新卒入社初心者マークから3年目!
仕事でもますます輝ききらきらを放つ彼の、心温まる雑感をぜひご覧くださいらぶらぶ

==============================

本日の雑感です。

今月の頭に友人の結婚式に出席してきました。

その友人とは小、中、高と同じ学校で学び
もちろん今での付き合いのある間柄なのですが
式の1ヶ月前あたりに友人代表スピーチの依頼を受けました。

もちろんそんな経験などなく、どのような話をすればよいのか
そもそも友人代表スピーチとはどういったものなのか
晴れやかな舞台で友人のためにも失敗はできないので
調べてみることにしました。

調べた結果、一般的に話に盛り込む内容としては
・簡単な自己紹介
・自分と新郎の関係
・特に思い出に残るエピソード(当時の恋愛話は厳禁)

全体の流れとしましては
・式スケジュールの終盤が多い
 ※私の場合は新郎・新婦退場の前でした。
・約7~8割が笑い話で盛り上げる
・スピーチの時間は3~5分程度

といったような内容でしたので
私も練りに練って5分程度の内容に纏め、
笑いを取りにいく事にしました。


式は私の予想をはるかに超えて出席者が150人もいる
盛大な結婚式でしたが、
事前に話の構成、ポイントを練ったかいもあり
会場中を笑わせる事に成功し、
納得のいくスピーチが出来ました。
なぜか新郎側の会社関係の方々に一番ウケていましたが・・・。

そんな中で式が終わった後に友人(新郎)から
『頼んでよかったよ。ありがとう。』と感謝の言葉をもらいました。

友人が結婚すると言う事だけで素直に嬉しかったのですが
記念すべき式で友人の力になれた事が
非常に嬉しく感無量な瞬間でした。
そして、私にとってこの先あるかわからないような
非常に良い経験でした。

何につけてもやりきったからこそ得られる達成感と
他人の喜びから得られる満足感は良いものです。

普段の生活でも
自分が納得のいく結果を残していけるように心がけ
1つ1つの出来事を大切に過ごして行こうと感じました。

以上です。

==============================
コメント(0) | トラックバック(0)
2008/10/24 writing for sudo

Today's 雑感メール「GMとJAL」

こんにちは!管理部 須藤です。

今日の雑感メールは、S永さん。管理部長の公認会計士ですきゃっ

プロとはこういうことなんだ電球と唸らずにはいられない雑感です!

==============================
本日の雑感メールです。

米国の金融危機の引き金となったリーマンの破綻は、皮肉にもGM創立100周年の前日だった。GMは4~6月期の最終損益が154億ドル(1兆5700億円)の赤字となるなど4四半期連続で巨額赤字を計上し、今夏には経営破綻説まで流れた。そこに金融危機が来襲したから、たまらない思いであろう。 GMのような超巨大企業がこのような経営危機を迎えるなど、10年前には考えられなかったことであった。

苦しむ米国の超巨大企業がある一方、日本勢は?と言うと、トヨタなど株価が低迷している企業はあるものの、今のところ経営危機まで至っていると報道されている巨大企業は聞かない。
しかし以前より私は気になっている企業がある。それは超大手航空会社のJALグループ(以下、J社)である。数年前、J社は運航トラブルとお家騒動で世間を騒がせた。その頃、同社は経営不振が続き資金繰りも逼迫していた。現在はどうかと思い、老婆心ながら最近の財務状況を調べてみたところ、状況は悪化の一途をたどっていることが判った。

J社が抱える問題点は、公表されている財務諸表本表の数字以上に、簿外になっている潜在的な債務の巨額さである。
2008年3月期の有価証券報告書によれば、解約できないリース契約の簿外リース債務が3,410億円、負債計上されていない簿外の退職給付債務が3,237億円もある。これらの将来払わなければならない潜在的な債務と6月末の有利子負債を合計すると、約1兆5,000億円の資金が必要となる計算である。

J社のメインバンクである日本政策投資銀行は、民営化を控えこれ以上の無理な融資は困難だと思われ、金融収縮が起きている現在、間接金融からの資金調達は困難であろう。また、株価が低迷し、好材料の見当らない現在においては、増資による資金調達も難しいと思われる。

会社規模はGMと比較にならないが、かつては日本が誇る優良企業であったJ社がこのような危機を迎えようとは、いったい誰が予測し得たであろうか。私にとっては、会社のガバナンス、内部統制、キャッシュフロー経営の重要性を改めて考えさせられる出来事である。
ディマージシェアは、徐々にではあるが組織の管理体制、内部統制の構築が進んでおり、正しいマネジメントができる体制が整いつつあると思う。 そして、、、
ベンチャーマインドと巨大企業が真似をしてきても追随を許さないスピード感を大事にし、この厳しい時代を乗り越えていかなければならないと思う。
==============================
コメント(0) | トラックバック(0)
2008/10/16 writing for sudo

Today's 雑感メール「西安訪問の雑感」

こんにちは!管理部 須藤です。

今日の雑感メールは、段取締役をご紹介しますにっこり
段さんと言えば「テニス」「富士山」そして「中国」!
含蓄に富んだ素晴らしい雑感きらきら を、ご本人のご了承を頂いて転記します。

==============================
先月の12日から17日まで、中国の西安に出張に行ってきましたので、雑感としてお伝えします。

日本人にとっては西安と言うよりは、歴史的に有名な隋・唐の時代の長安と言った方が「遣隋使」「遣唐使」で思い出せる人も多いかと思います。

聖徳太子の命で最初に行ったのが、小野妹子で「日出づる処の天子、書を日没する処の天子に致す。」という書面は有名です。小野妹子は船と足で2回も日本と長安を往復したのですが、飛行機でも5時間はかかるその道のりを、歩きでしかも2回も往復したことには改めて驚かされます。当時の日本にとって長安の政治・経済・文化がそれ程までに価値が高かったとも言えるかと思います。

日本からもかなり優秀な学生が遣唐使に選ばれています。阿倍仲麻呂という人の
「天の原 ふりさけみれば 春日なる 三笠の山に いでし月かも」
という望郷の詩を知っている人も多いかと思います。
(私もちょうど9月15日が中秋の名月だったので、日本と変わらない満月を見て、感傷的になってみました)

仲麻呂は20歳に満たない頃に唐に渡り、72歳で生涯を終えるまでに唐王朝の高官にまで出世しています。彼の努力にも感服しますし、当時の唐がシルクロードで繋がった多くの民族を受け入れていた器の大きさもあったかもしれません。今でも西安ではイスラム系の人々が多く見られます。


時代が流れて1300年後、現在では西安の大学に日本に行きたいという学生が多くいます。彼らはまだ20歳過ぎですが、日本に行くチャンスは限られていて、日本語を話し、情熱的に我々にアピールしてくる学生があります。日本の経済力や文化(政治は入っていないかもしれませんね)に対する憧れがそれだけ大きいのです。

世界は近くなりつつありますが、そんな彼らの情熱を上手く仕事に繋げて、彼らが日本で活躍し、または中国に戻って活躍することができれば、意味のある仕事になると考えています。

聖徳太子や遣唐使の苦労に報い、中国に恩返しができるという長い歴史を繋ぐことができれば幸いです。
==============================
コメント(0) | トラックバック(0)
2008/10/10 writing for sudo

Today's雑感メール「富士山を登った後の感想」

こんにちは!管理部 須藤です。

今日の雑感メールは、ほほえましいキャラぽっが人気のHさん。
富士山登頂晴れのご感想を、ご本人のご了承を頂いて転記します。
ご出身の中国との違いが、とても面白いですね!

==============================
9月6日やっと皆さんと一緒に富士山を登りました。
少し疲れた,辛かった、寒かった、痛かったけど、面白かった!

国とか文化とかの違いにより、いろいろことが違っていますね。
今回が山登りも例外ではないと感じました。

先ずは山の道が違い、
中国名山の道は大体階段がありますので、登るや降りるのは安いです。
富士山の道は木や砂や石の場合が多いので、
登ると降りるのはちょっと面倒くさいですが、
かわりに自然の感覚が近いです。
下山道が砂のことは今回の一番いたいことでした。
(降りる前、下山道の前に立った時、「これは道ではないじゃないか」と自分に聞きました。)
体力が弱いの私が下山の時足もふらふらでなかなかスピード出せないでした。
一歩一歩しっかり降りるの場合、
足が砂の深いところに入るので、砂が靴に入りやすくなりました。
そして足が痛くなってもっと弱くなりました。

次は入場券のことが違い、
富士山の登りのは入場券が要らないことにひきかえ、
中国名山を登る時、高い入場券を買わなければならないです。
何で資本主義として支払う必要がないけど、
社会主義としても支払わなければならないと考えてみれば、
多分人口の問題だろう。
中国で入場券が要らなくなら、必ず行く人が多くなるので、
大渋滞とかの問題をよく発生することになるわけです。

最後は徹夜で登るのは中国あまり少ないです。
そもそも入場券は毎日販売時間帯があるので、
入場券を手に入らない方も入場さえできません。
富士山を登った途中、いろいろ人を会いました。
みんなけっこう元気ですね!

==============================
前回の雑感メールから日本語が確実に上達している上がるのもスゴイです!
コメント(0) | トラックバック(0)
2008/10/03 writing for sudo

Today's 雑感メール「物質と光」

こんにちは!管理部 須藤です。

今日の雑感メールでは、超優秀きらきら異彩を放つスーパー開発者
M橋さんの雑感を、ご本人のご了承を頂いて転記しますぽっ

東大でフランス文学を専攻されていた電球異色のご経歴で
第一線での本当に優秀な姿、すごくカッコイイですらぶらぶ

==============================

先日、TXで柏の葉キャンパスという駅に行って
みました。なかなか好い処でしたが、そこで
書店に寄って、ちゃんと読む機会のなかった
ヴェイユを見つけました。

「命題Pが、真であるとも偽であるともいえない」、
答えのない問いと謂われるようなものを、漠然と
こう解釈してしまうことがあります。もしそう
であるなら、そんなことを考えてもしかたない、
という結論になりえます。

しかし問いは、虚空から独立して出現するのでは
なく、文脈のなかで立ち現れてくるのであり、
問いは場を辟くのです。そしてその場が静的な
場であるなら(少なくとも瞬間のSnapshotにおい
ては静的とみなしてよいので)その場における答え
は一意に定まるはずです。そしてその答えが場
そのものに影響を及ぼすとき、(そしてその場が
閉鎖系ではなく開放系であるとき)問いと答えとが
再帰的な進化を遂げる可能性があります。

(私という問いの中での)ヴェイユの思想のうちで、
恩寵という考えが重要な位置を占めているように
思います。

人は、(自然状態にあって)世俗化する。

それは、自分に遠いものよりも、近いものに引き付け
られるからだ、と考えます。
そしてその作用は、重力に似ていないか。

重力と考えれば、人が自分で高みに上ることができ
ないことが理解できる。他者の助けを必要とする。

高い理想があるとしても、それ自体の引力によって
だけ動くのは難しいので、卑近な動機を与えて(与え
続けて)動かしていくことが必要である。

重力の作用を受けないものとは、質量がないもので
ある。それは光であり、情報(あるいは概念)である。

ここまでにします。

==============================
図々しいですが、最近、私自身で考えていたこととリンクしていたので
「ぜひ転載させてください!」とお願いしてしまいましたスマイリー
深みのある興味深い内容で、ぜひ続きが読みたいです橙音符
コメント(0) | トラックバック(0)
2008/09/30 writing for sudo

Today's 雑感メール「意識の違い」

こんにちは!管理部 須藤です。

連日、野球部ネタで賑わってきゃっ いますが、ディマージシェアには
フットサルチームもあるんですよ橙音符
今日は、そのメンバー晴れM下くんの雑感メールを、ご本人の了解を頂いて転記します。
プライベートも充実している姿がとってもステキですらぶらぶ

==============================

私は休日フットサルかサッカーを
地元のチームでやっているのですが、
最近はメンバーの参加率が落ちてきている為に
他のチームと混合で試合をすることが
多くなっています。

その為、下は18歳~上は40歳手前ぐらいまで
色々な人たちと一つの競技を通して
知り合うことが出来ます。

先日にはブラジル人の方たちからお誘いがあり
フットサルをしてきました。

当たり前ですが、
ブラジル人と言っても全ての人が
テレビで見るようなプレーをするわけでは
ありません。

ただ、日本人とは違う点がありました。


ブラジル人は絶対自分で勝負に行く。


自分が所属するチームとブラジル人チームを混ぜ、
混合チームでプレーをしたのですが、
通常日本人同士で同じように混合チームで
プレーをすると譲り合いの精神からか、
あまり自分で勝負にはいきません。

それは日本代表を見てもわかるかと思います。

しかしブラジル人は例外なく先ず自分で仕掛けて、
どうにもならなくなって初めてパスをするという
意識を、上手い下手関係なく持っていました。

国民性的なものがあるのかもしれませんが、
下のレベルから自分で勝負に行く意識を
持ってプレーしていれば自ずと上のレベルでも
当然の様に自分で勝負に行く。
日本代表の得点力の無さは下のレベルで
決まってしまっているのだろうなと思いました。

上のレベルの意識を変えるには、
下のレベルの意識を変えなくてはいけない。
日本サッカーが抱える問題点は下のレベルの
環境にあると言うことはよく言われますが、
改めて実感した国際試合でした。

==============================
コメント(0) | トラックバック(0)
2008/08/20 writing for sudo

Today's雑感メール「魔法の呪文」

こんにちは!管理部 須藤です。

今日は、「ボトルキャップ回収推進委員会」委員長スマイリー Y田さんの
雑感メールメールを、ご本人の了解を頂いて転記します。
マネージャーとして活躍されるY田さんきらきらならではの視点に
私自身、励まされました・・・晴れ

==============================

「終わらない仕事は無い」


いつも自分に言い聞かせている呪文です。
自己暗示とも言うかも知れません。

仕事をやっていると、常に自分が
思い描いた通りの仕事ばかり出来るわけでは
ありません。


そんな時は、この呪文を唱えます。

すぐに効果が期待できる呪文ではありませんが
次第に効果が出てきます。


何のことは無い。
要するに、嫌な仕事も楽しい仕事も
自分の気持ち次第って事ですね。

この呪文によって、吹っ切れたことによって
嫌な仕事も「自分のスキルアップ」として
捉えられるようになるのです。
結果、自分の態度が変わると周りも変わるので
人間関係もスムーズになります。

悩んだ時、逆境に立たされたときは
是非、この呪文を唱えてください。

なんかスッキリするハズですよ。

==============================
コメント(0) | トラックバック(0)
2008/06/23 writing for sudo

Today's雑感メール「大連のクレープ」

こんにちは!管理部 須藤です。

今日の雑感メールの担当は、現在、某プロジェクトで
大連@中国へ常駐しているLさん。笑顔がとっってもステキな方ですぽっ
ご本人のご了承の上、転記しますスマイリー

==============================

先日大連のデパートでショッピングしたとき、
クレープの売り場を見つけました。
広告の画像はとてもきれいで、日本のクレープとまったく同じです。
日本に行く前にまだないですけど。。。

初めてクレープを知ったのは原宿で友達に勧められたのです。
見た目が綺麗ですし、
食べたら、クレープの香りとクリームの滑らかさと果物の新鮮感を混ざって、
凄く美味しかったです。
「大連にはまだなさそうで、クレープの店を作れば、人気があるんじゃないですか」
と、考えました。

大連に戻ったら、意外に見つけました。
食べて見ようかと思って、
店員さんに聞きました。
イチゴのは22元で、330円くらいです。
「値段が高いね!」とびっくりしまして、
「原料はほぼ日本から輸入したから」と説明されました。

昼ごはんが10元で十分の普通の市民にとって、
高すぎると思います。
結局、私は食べなかった。。。

でも、クレープというのはビジネスチャンスではないかと考えて、
皆さんの消費レベルがどんどん向上に従って、
もっと多くの人がクレープを知って、好きになっていくのでしょう。

ところで、中国には、「米線」という、うどんのような食べ物がありまして、
日本に広げられませんか。(笑)

雑感は以上です。

==============================

Lさんと、先日のHさんは同じ中国出身。
お二人はディマージシェア・テニス部でダブルスを組んでいるんですよにっこり
残念ながら現在は、大連常駐でお休み中ぺんぎんですが
日本に戻って来られたら、またお二人の勇姿を見せてください上がる
コメント(0) | トラックバック(0)
2008/06/18 writing for sudo

Today's雑感メール「意外な収穫」

こんにちは!管理部 須藤です。

今日の雑感メールの担当は、日本に来てまだ間もないHさん。
いつも日本語で一生懸命お話される姿が印象的なんです晴れ
ご本人のご了承の上、転記します。

==============================

日本に来た以来もそろそろ1年になります。
この間に日本語と技術を勉強するの上、
自分自身のある習慣も変わりました。
今年帰るとき一番母にびっくりさせるのは
多分刺身を食べれることです。


私が子供時から(ことを覚えれるから)
ずっと魚を食べれないです。
生の魚を食べることが全く想像できないです。
母が私に魚を食べさせるために、
いろいろ方法(私に知らずに少量な魚を豚肉中に
混ぜて作った料理を誘うとか)を使いましたけど、
ぜんぜん効かなかった。
魚は日本の主な食料なので、
日本に来た前に母まだこのことを心配しました。


意外なのは今もう刺身を食べることが慣れました。
何でというなら、初めて食べる原因はメニューが分からないので、
注文が間違いました。もったいない気持ちを持って少しずつ食べてみたところ、
”うまいな”という声を心から中国語で出ました。
その後から、他の種類をいろいろ試して、
どんどん慣れてくれる感じです。


日本語と技術の上、これも一つ収穫と感じました。

以上です、よろしくお願いします。

==============================

ディマージのメンバーは日々多国籍になっていますにっこり
中国、韓国、マレーシア、ベトナム・・・
皆さんとても優秀で、積極的で、前向きで・・・すごく刺激になります上がる

コメント(0) | トラックバック(0)
2008/06/13 writing for sudo

Today's雑感メール「関西人」

こんにちは!管理部 須藤です。

今日の雑感メールの担当は、
モバイルの ADMAGE チームを引っ張るM田さん。
いつもおもしろい言動きゃっを繰り返している彼の雑感、
読み終わった後に、ほんのり温かい気持ちになりましたぽっ
このディマージの良さがいつまでも残せるといいですね上がる

==============================

会社の皆さんもあまり認知していただけてないのですが私は関西人です。
東京砂漠にもまれたためにすっかり関西弁を忘れていますが・・・・・
よく聞かれる関東人の疑問に個人的回答をだしてみたいと思います。

1.「関西人は関西弁を貫き通すのでは?」
 日本で東京1番、大阪2番という意識が関西人には強くあり、
この敗北感意識で、関西弁を貫き通すという深層心理が働いているのではと思われます
私も、東京に来る前は絶対あんな気持ち悪い言葉を使わない!!
「超」ってなんや!「めっちゃ」やろうと思ってましたが、今じゃ先にでるのは
「超」です。。
(ドラゴンボールの影響もあるのでしょうか?)

2.「関西人はお笑い命なのか?」
 関東人より優先度が高い人が多いのは間違いないです。
 面白そうに話してくるのにオチがないとがっかりしちゃいます。
 今では、東京でもゴールデンでお笑い番組を放送しており、皆さんも芸人の真似をする
 人が増えていますが、本当に関東の人はつまらない話をタンタンとするなぁってイメージでした。
 逆に関東の人がオチを意識しない分、普通にどんどん話しかけれる人が多いのかもしれません。

3.関西人はモテる?
 検証中です。。。。。うそっぽいですね。

最後にですが
テレビでやってましたがあくびは人にうつるそうです。
それは、人間は人を模倣してコミニケーションを図るという習性があり、その影響から
他人があくびをしたら自分もあくびをしたくなるのだそうです。
子供の笑顔につられて自分が笑顔になるのもこの習性からです。

会社でも、笑顔の人が多いとみんなつられて笑顔になりますね!!

==============================
コメント(0) | トラックバック(0)
2008/06/11 writing for sudo

Today's雑感メール「―頭」「丸―」

こんにちは!管理部 須藤です。

今日の雑感メール、担当は今年で入社2年目。仕事パソコンでの活躍ぶりはもちろん
新人教育初心者マークなどでも輝ききらきらを放つK川くんです。
入社1年目にして去年のプレゼン大会を制した王冠 K川くん・・・雑感も好評です。
(今年のプレゼン大会・・・盛り上がる予感たっぷりです上がる

==============================

ひとつ想像してみてください。
あなたと名刺交換をすませたお客様がこう言ったとします。

「お名前はちょっと思い出せないのですが、以前に御社の
モバイル担当の方にお会いしたことがありまして……」

さて、それはどうもK川のことのようだ、確認しよう、
とあなたが思ったのなら、次の発言はこうに決まっています。

「坊主でした?」

答えがイエスなら私、ノーならI藤さんかK川さんです。
某プロジェクト(※転記者註)の件があるので
イエスでもO瀧さんの可能性はありますが、その場合は、

「6mm坊主でした? 3mm坊主でした?」

と重ねて尋ねれば完璧です。

かように坊主のイメージの定着してしまった私ですが、
初めて坊主にしたのは意外にも大学生3年生のときです。
それまでは抜いた毛で筆が作れるほどの長さがありました。

ちなみに坊主した翌日、向かいから歩いてきた友人に声を
かけたら無視されました。誰だかわからなかったそうです。

そもそもなぜ坊主にしたのかと言いますと、まず髪質です。
硬く、太く、真っ直ぐで、量が多い髪質のため、
色々と非常に面倒で、私は非常に面倒くさがり屋でした。

次に社会人になるとなかなか坊主にはできないと思い、
やるなら学生のうち、と刈ってみた次第です。
実際は坊主で社会人生活を送っていますが。

さてこの坊主、やってみると良いことしかありません。
バリカンがあれば自分で刈れますからお金はかかりませんし、
セットの必要もありません。シャンプーも少量で済みます。
これからの季節は涼しいのも最高です。

部活などで坊主にした経験のある方は多いと思いますし、
この夏は若返った気分でひとつ坊主はいかがでしょうか。
もちろん未経験者も歓迎、風通しの良い坊主な職場を
目指したいと思います。

==============================

↓念のために(?)以前撮影した坊主頭・証拠写真も載せようと思いますきゃっ 

 
コメント(0) | トラックバック(0)
2008/05/16 writing for sudo

Today's 雑感メール

こんにちは!管理部 須藤です。

昨日ご紹介したF井さんの「雑感メール」から
リレーションが広がる、とても面白くて
ステキな「雑感メール」が流れてきたので
ご本人のご了解の上、転記しようと思います。

書き手は、システムの開発にとどまらず、
新人教育・管理部システムの相談など
幅広く、的確かつ温かいアドバイスをくださりながら
ユーモアも忘れず、時にウィットな発言をなさるHさん。
(いつも何かしら勉強させて頂いております。ありがとうございますきらきら

==============================

無人島に何を持っていく?

大昔(10年ぐらい前?)に、7つの習慣という
スティーブン・R・コヴィー博士の著作を日本語訳
したジェームス・スキナー氏の7つの習慣3日間
集中セミナーに参加したことがあります。

そのセミナーの中で 「 無人島に持っていけるもの
は3つだけ。 あなたは何を? 」というグループ
ディスカッションがありました。(うろ覚え)
当時、なんて答えたかは若気の至りなのでここでは
書きませんがww、今とは全然違います。
今、無人島という条件を考えたら 「 紙 と ペン 」
が、僕には最低限必要です。
(VSとSQL SERVERとEXCELの入ったPCが恒久的に
 動けば一番だけど現実的じゃないので・・・)

F井さんの雑感にもありましたが、考えることは
非常に重要だと思います。それだけじゃなくて私に
とってはとても楽しいです。ただ、悲しいかな人は
忘れる生き物なので、途中経過や考えていく過程を
記録することが僕にとっては必須です。
なせなら
「 そ れ を 途 中 で 失 い た く な い か ら 。 」
考えることが楽しいからです。
一人で勝手に 「 もしかして、これってこうじゃね? 」 って
考えて追及するだけで結構楽しいです。
(オタ臭がプンプンしますねw)

もちろん、その欲求を喚起してくれるたくさんの
刺激があってのことですが・・・

某フランス人のS侯爵は人生の大半を獄中で過ごし
ましたが、旺盛な執筆活動をやめませんでした。
紙とペンはあったから。ただ、彼が 「 創作 」
したかったのか 「 発信 」 したかったのか私には
わかりません。
(歴史的な背景も微妙なので)

私の好みの映画監督にデビッド・リンチがいます。
彼の作品のマルホランド・ドライブ(2001年
カンヌ国際映画祭監督賞)の日本語版のDVDの
監督インタビューが秀逸です。
(Tさんが返してくれないのでwうろ覚えです。)

インタビュアー(イ)
「監督、 この映画のテーマは?」
デビッド・リンチ(デ)
「映画の全シーンがテーマです。私の伝えたい事を
 余すことなくフィルムで表現しました。もし、
 それを単純な言葉で表現できるなら、映画を
 作る意味はないでしょう」

(イ)「この映画を監督した目的は?」
(デ)「映画を作りたいという欲求が生まれ、
    それが耐えられないぐらい大きくなり
    すばらしいアイデアと出会えた。それが
    全てです。」

(イ)「非常に難解な映画ですが?」
(デ)「人が音楽(たぶんクラッシック)を聞くとき
    に、作曲した理由やメロディーの意味を聞く
    でしょうか? 同じように考えてほしい。」

うおおおぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!!
俺もなんか作る☆ZEEEEEE!!!!!
と、萌えるインタビューでお勧めです。

みんな、考えるの好き?
何を無人島に持ってく?

==============================
コメント(0) | トラックバック(0)
2008/05/15 writing for sudo

感銘を受けた雑感メール

こんにちは!管理部須藤です。

ディマージには「雑感メール」というものがあります上がる
これは、役職や年次に関係なく、メンバー全員が順番に
自分が普段考えていることをメールするという制度です。
内容は自由!仕事だけでなく、趣味や気になることなど様々です。

今日は、先日流れたF井さんの雑感をご紹介します。
独断と偏見ですが、最近私自身が仕事をする上で
色々と考えていたこともあり、大変感銘を受けました。
ご本人の了解を頂いた上で転記したいと思います。

==============================

本日の雑感です。

最近、「地頭力」という本を読みました。
※正式タイトルは家に本があるので不明です。。。

人間の頭のよさについて、その頭の使い方を大きく3つに分類して、
ビジネスマンとして望ましい頭の使い方を紹介してくれている本です。

この本を読んでビジネスマンとしてどういう頭の使い方をする、もしくは
出来るようになるのが理想なのか考えました。

この本では、

①物知りタイプ(知識・記憶力)
一昔前では優位性があったが、情報の入手が容易になった現在では
その優位性は著しく低下している。変化のスピードにより陳腐化が早い。

②機転が利くタイプ(対人感性力)
人間性や経験が大きく影響する。
備えていると、色々な場面で優位である。
ただ、これだけだとお調子者で終わる。

③地頭力タイプ(考える力)
基本的に陳腐化しない力。
考えるベースにになる力、潜在力でもあるので、これが備わっている
人間は大体のことには対応が可能。
物事をモレなく・ダブりなく、論理的に考えることができる。

思考土台
・知的好奇心 ・直観力 ・論理思考力 

思考技術
・仮説思考力 ・フレームワーク思考力 ・抽象化思考力

の3つに分類し、それぞれ特徴を説明していて、それぞれの組み合わせ
が重要であるとしています。

大切なのは、

現代社会において①の優位性がなくった現実から、③の力をどう身につ
けるか、③が身についている人は①も要領よく吸収し、少ない情報で多く
のアウトプットを出すことが出来るようになります。また変化の早い情報で
常に自分を最適化することが出来ます。

今後この適応力の優位性は絶対的になってきます。

そもそも考えるベースがあっての知識の有効活用なので③は絶対必須です。
僕の経験ではこれが出来ない人は成長しません。学びを生かせないからです。

あと理想は経験(もしくはセンス)をつんで②を手に入れることだと思います。

ビジネスマンとして優秀な人は多くいますが生き残って、上に這い上がるには
②の力が必要にもなります。
※これは自ら人にぶつかっていかないと、身につきませんね。

②はもって生まれた要素もしくは所属してきた組織、経験などが大きく影響する
し、営業は必要かもしれないですが絶対ではないと思います。

ただ、③の地頭力は何をするのにでも必要な力なので必ず身につけておくべき
力です。

何度も言うようですが、ほんと理想は②と③があって、その時必要な①の知識を
少ない労力で吸収できる能力だと思います。

ただ、この本には書いていませんでしたが、最後はハートの問題で、絶対諦め
ない強さが必要だと思います。

「覚悟すること」これが重要ですね。

覚悟をもって学び

覚悟をもって人と付き合う

覚悟をもって考え抜く

覚悟をもって意思決定をする

難しいことですが②と③を身につけれるように日々精進していきたいですね。

次は細かい考え方の技法について書きます!!

==============================

日々、ディマージの営業・マーケティングチームのトップとして
すごく輝いているF井さんですが、
その理由が少し分かったような気がしました。

また素敵な雑感メールがあったら、ぜひご紹介させてくださいぽっ
コメント(0) | トラックバック(0)
ツブヤッキー
«  2017年 5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
月別アーカイブ
執筆スタッフ
垣内

エンジニアと違った視点でディマージシェアをお伝えします。

小西

スタッフとして、1児の母として日々の出来事をお伝えしていきます。

鈴木

Boozeの様子をお届けします。

井上

楽しい社内の様子をお届けします。

倉林

入社したてですががんばります!