ブログトップへ > 2009年06月30日の記事一覧

2009年06月30日の記事一覧

2009/06/30 writing for uchida

お土産紹介(Mさんお帰り編)

こんにちは!管理部の内田ですスマイリー

今日は、旅行に出かけていたMさん
今朝、成田から直行してきた様子ですにっこり



下 ゴソゴソ・・・



Mさん:「美味しいお土産買ってきたよ!」


南の島で気分をリフレッシュしたMさんきらきら
朝からバリバリ仕事に戻っていました熱血


東京では、梅雨空が続いていますが水滴/雨
陽気になんか負けてられないですよねあはは


お土産ごちそうさまでした橙音符

コメント(0) | トラックバック(0)
2009/06/22 writing for konishi

Booze!

こんにちは、小西です。

先週行われた管理系スタッフのBooze!の様子をお伝えいたしますぽっ



いつもお忙しい方々が珍しく5分前着席にて始まった今回のBooze!
場所は多数決により鉄鍋棒餃子で有名な紅虎餃子房へ色音符


中華料理だったため卓上には黒酢が。
皆で賞味…きゃっ
中国出身のDさん曰く「いつもの味」だそうです。


K内さんは車内での独り言を暴露車
意外にも(!?)共感を呼んでいました上がる


N与さんは背が高い故の苦労が汗大変なんですね~。

こういった会社では見えない一面がたくさん見れるのがBoozeの魅力の一つですきらきら
解散後、飲み足りない2名は次のお店へと消えていきました…あはは

コメント(0) | トラックバック(0)
2009/06/16 writing for uchida

Today's 雑感メール「クールビズ」

こんにちは!管理部の内田ですスマイリー

今日の雑感メールのご紹介です。

問題提起そしてつっこみ、つっこみ・・・etc
この辛口の文脈、どこかで読んだ気が・・・

そうです電球ペンギンブログでおなじみのMさんです。



たしかに、せっかくエアコンを28度に設定しても、
そのことで作業能率が下がってしまったら、
本末転倒です。
臨機応変に快適温度や湿度を設定することも
じつは仕事の一環ですよね。

ちなみにMさんいつもTシャツですよね。
これってもしかしてクールビズあっ
************************************
本日の雑感のテーマはクールビズ。

1、クールビズとは?
クール・ビズ(COOL BIZ、造語)は、日本において夏期に環境省が中心となって
行なわれる環境対策などを目的とした衣服の軽装化キャンペーン、ないしはその
方向にそった軽装をいう。(wikiより)
みなさんご存知の通り。

2、クールビズって実際どうなの?
これ、どう考えても国と企業に踊らされているようにか思えない。
企業にとってみれば28度設定にすることで環境にやさしい会社をアピールでき
且つ、電気代まで節約できる一石二鳥三鳥。しかしながら働いている人たちに
とってみればいい迷惑だ。
日本建築学会の科学的な調査によると、室温が25度から1度上がるごとに作業効
率が2%ずつ低下するという結果が出ているそうだ。そりゃ暑い中でいくらネク
タイをしないからといっても暑いものは暑い。
そもそも中途半端すぎる。いっそうのこと夏は全国スーツ禁止にするくらいで
やってもらいたいものだ。

Wikiを見ると面白い批判内容がいくつか載っている。
*クールビズによる二酸化炭素削減量について、環境省は数十万トンから100万
トン以上と推計しているが、その算出方法が示されていない。
*水力発電・原子力発電はそのメカニズム上、二酸化炭素の排出量がない。この
ため、水力・原子力のみによる電力供給地域においては、発電時に排出される二
酸化炭素を減量する効果はない。
*環境省では、小池元環境大臣の指示により冷房設定を28°Cにしたところ、OA機
器の排熱等により室温30°C近い部署が続出し、36°C超の部署まで発生したため、
職員から労働安全衛生法違反との批判が出た。
*ウォーム・ビズではクール・ビズの4倍以上の二酸化炭素削減効果があるにも
かかわらずクール・ビズに偏ったキャンペーンを行っていることに疑問を抱く者
も多い。
*クール・ビズを含む環境省の地球温暖化防止大規模「国民運動」推進事業で
は、テレビ・新聞・雑誌・ラジオに加えて街頭ポスターや電車内広告、webサイ
トや携帯電話サイトといったメディアでの大々的な温暖化防止集中キャンペーン
を行うために3年間で80億円以上の予算が計上されている。このことについて環
境省は「無駄遣いではないが、指摘は参考にしたい」としているが有識者からは
「単なる啓蒙活動より電気自動車などの研究費に投じる方が効果的だ」との声も
ある。

結局誰のためあるのかさっぱりわからないクールビズを今年も行うサラリーマン
そして自分、、、に萎える仲夏の今日この頃でした。

以上雑感でした。
コメント(0) | トラックバック(0)
2009/06/05 writing for konishi

朝礼

こんにちは、小西です。


ディマージシェアでは毎日プロジェクト毎に朝礼が行われます。
先日から、あるプロジェクトではその朝礼に中国のHさんが参加することになりましたあっ


ちょっと分かりにくいかもしれませんが、オレンジの服のOさんがインカムをつけて
日本左右中国をつないでいます。


朝礼だけでなく、このような風景はよく見られます。
なんとなく世界が身近に感じる最近の社内ですぽっ
コメント(0) | トラックバック(0)
2009/06/02 writing for uchida

Today's 雑感メール「安全運転講習を受けてきました」

こんにちは!管理部の内田ですスマイリー

今日の雑感メールは、先日配属先が決まって
頑張っている新人Nさんです。

自動車免許更新の際に交通安全について教習した
時に感じたことです。

確かに、飲酒運転への危険意識は
高くなってきていると思いますが、
本来ならば、ひとりひとりのドライバーの
モラルによって守られるべきルールですよね熱血

************************************
昨日、運転免許更新のはがきが来ていたため、
運転免許センターへ行ってきました。
最近の運転免許はハイテクで、
免許の中にICチップが入っているんですね。
話には聞いていましたが、自分で持つのは初めてなので
少しわくわくしました。

運転免許の更新の際は交通安全の教習を受けますが、
そこで厳罰化した飲酒運転の処罰について学びました。

飲酒運転の上ひき逃げ、など最悪の事態となると、
10年以下の懲役または100万円以下の処罰が
下されます。
また処罰は運転手だけでなく、運転をすることが
分かっていながら、酒類の提供をしたもの。
飲酒をしたものに、自分を乗せて運転することを
要求したもの、なども対象になるそうです。

飲酒運転への処罰が厳罰化したことは知っていましたが、
飲酒運転を止めなかった周囲の人間も処罰の対象と
なることは知りませんでした。

またこれも知らなかったことなのですが、
飲酒運転への処罰が厳しくなるにつれて、
ひき逃げの件数が非常に増えているそうです。

それに伴って今度は、ひき逃げの場合の処罰が
更に厳しくなってきています。

飲酒運転は確かに最悪の犯罪ですし、厳罰は必要です。
ですが、このようにいたちごっこのようにして、
法律がどんどん厳しくなっていくのも
少しだけ怖いような気持ちがしてしまいました。

法律があまりに細かく厳しくなりすぎると
「本当は法律違反だけどバレなければいいや」
という些細な行為が積み重なって、規律を破る、
という行為に対して気持ちがマヒしてしまうんでは
ないかと少し思うからです。

法律だけが厳しくなって、反対に日本人の交通意識だけが
どんどんルーズになっている、なんて将来がこないと
いいなぁ、と思いました。
コメント(0) | トラックバック(0)
ツブヤッキー
«  2009年 6月  »
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
月別アーカイブ
執筆スタッフ
垣内

エンジニアと違った視点でディマージシェアをお伝えします。

小西

スタッフとして、1児の母として日々の出来事をお伝えしていきます。

鈴木

Boozeの様子をお届けします。

井上

楽しい社内の様子をお届けします。

倉林

入社したてですががんばります!